傷んだ髪を元に戻す方法。髪のダメージから蘇る!上質なヘアケアのポイント。

※本ページはプロモーションが含まれています

髪の美しさは、外見を引き立てる大切な要素のひとつです。
しかし、熱や紫外線などの外部要因や過度なスタイリングによって、髪は傷んでしまうことがあります。
では、傷んだ髪を元のツヤツヤの状態に戻すことはできるのでしょうか?
この記事では、傷んだ髪を修復するための方法と予防法について詳しく解説していきます。

この記事で分かること!

・傷んでしまった髪を修復するための方法
・髪を傷ませない為の予防と洗い方
・正しいヘアケアのやり方

目次

傷んだ髪は治るの?

傷んだ髪は元通りにはなりません。髪は細胞の集まりであり、自己修復機能はありません。
傷んだ髪は、表面のキューティクルがはがれて、タンパク質が流れ出てスカスカになった状態です。
髪は皮膚とは異なり、新陳代謝によって常に新しい髪へと生まれ変わるわけではありません。


しかし、トリートメントによって脂質やケラチンを補い、表面のキューティクルを保護することで、髪の状態を補修、改善することは可能です。

傷んだ部分を補いつくり、美しく見せることができるのです。
傷んだ髪でも、きちんとケアを行うことで髪の質感や見た目を改善することができ、良い結果を得ることができるのです。

髪の傷みの原因を徹底分析

Smiling young woman washing head with shampoo in a shower

髪の傷みは一つの要因だけでなく、複合的な要因が影響しています。
傷んだ髪の特徴は、指通りの悪さや枝毛、切れ毛、カラーの早い抜け落ちなどです。
日常のヘアケアミス、熱によるダメージ、紫外線、化学処理などが、髪を傷つける原因となります。
それぞれの原因を詳細に解説し、どのように予防できるかを探ってみましょう。

ホームトリートメント

傷んだ髪を修復させるためには、トリートメントが重要な役割を果たします。
トリートメントは髪の表面を保護し、内部の健康な髪を育てるための鍵となります。
以下は、効果的なトリートメントの手順です。

STEP
ブラッシング

シャンプー前に髪をブラッシングして絡まりを解いておきましょう。無理な力で絡まった髪をほぐすことは避けます。

STEP
予備洗い

シャンプー前にお湯で予備洗いをすることで、シャンプーの効果を高めます。地肌までしっかりと洗うためにも大切なステップです。

STEP
シャンプーの手順

シャンプー剤を手で泡立て、髪の毛に数か所に分けて馴染ませます。指の腹で優しくマッサージしながら洗うことで、髪や地肌を傷めずに汚れを落とします。

STEP
すすぎ

シャンプー剤の成分が残らないよう、しっかりとすすぎ洗いを行います。

STEP
シャンプー後

シャンプー後、トリートメントを髪の毛に均一に馴染ませます。

STEP
根元につけない

トリートメントは髪の中間から毛先になじませましょう。頭皮につけると毛穴詰まりの原因になることがあります。

STEP
馴染ませる

トリートメントを丁寧になじませるために、目の粗いコームを使用して髪を梳かすと良いです。

STEP
ヘアマスク

週に1〜2回、ヘアマスクを使ってスペシャルケアを行いましょう。トリートメントと同じように髪の補修をサポートします。

STEP
放置

3~10分程度、トリートメントを髪に残しておきます。この間に成分が浸透し、髪を補修します。

STEP
流し

ぬるま湯で丁寧にトリートメントを洗い流します。こすらずに良く洗い流すことが大切です。

STEP
サロントリートメント

美容室でのトリートメントも効果的です。定期的に受けることで、髪の見た目と質感を向上させることができます。

トリートメント剤を馴染ませる際には、頭皮につかないよう注意しましょう。
適切な手順を踏むことで、髪に潤いとツヤを取り戻すことができます。

トリートメントの使用法

トリートメントは髪を補修するための秘密兵器です。
しかしその効果を最大限に引き出すためには、正しい使い方が欠かせません。
シャンプー後に使用するタイミングや、根元に避けるべき理由、手のひらでの優しいなじませ方など、トリートメントの活用法を徹底的に学びましょう。

ヘアマスクの魔法

週に1~2回の贅沢なスペシャルケアとして、ヘアマスクが登場します。
ヘアマスクは髪の内部に栄養を浸透させることで、ダメージを受けた髪を補修します。
正しい選び方と、効果的な使い方をマスターし、ヘアマスクの力を最大限に引き出しましょう。

サロントリートメントの効果

市販の製品だけでなく、美容室で受けるサロントリートメントも絶大な効果を発揮します。
プロの手によるトリートメントは、特別なケアを提供してくれるだけでなく、リラックスしたひとときをもたらしてくれます。

髪をドライする時の注意点

髪を乾かす際にも、以下のポイントを守ることでダメージを軽減できます。

タオルドライは優しく

タオルで髪を押さえられるようにして水分を吸い取りましょう。
濡れた髪は傷つきやすいため、摩擦をさせないことが大切です。

根元をメインに乾かす

根元から先に毛向いてドライヤーを当てることで、均一に乾かすことができます。
特に根元は乾きにくい部分なので、髪を乾かさずに濡れたまま寝るのは注意が必要です。

ドライヤーの風は、髪の根元から毛先に向かって向かいましょう。
キューティクルが開く方向に風を当てることで、被害を軽減できます。

生活習慣の見直し

健髪を守るためには、日常の生活習慣にも大きな影響を与えます。

バランスの取れた食事

髪は栄養によって形成されるため、バランスの取れた食事が重要です。
特にタンパク質やビタミンB2を摂取することで、髪の健康をサポートします。

上質な睡眠

良質な睡眠は成長ホルモンの分泌に影響を与えます。
規則正しい睡眠を心がけ、髪の健康を促進しましょう。

髪のダメージの対処法

紫外線

屋外に出る際は、帽子や日傘を使用して髪を紫外線からすることが重要です。
紫外線遮蔽によるダメージを軽減するために、しっかりと対策をとりましょう。

髪に付けれる日焼け止めも効果的です!

傷んだ部分をカット

髪の傷んだ部分をカットすることで、健やかな髪がより際立ちます。
美容師に相談して、適切なカットを受けることを検討しましょう。

美容師に相談

美容師の専門知識を活かして、正しいヘアケア方法を見つけることが大切です。
ダメージの程度に応じてアドバイスを受けることで、髪を健康に考えることができます。

まとめ

トリートメントや洗髪方法に注意を払うことで、傷んだ髪を修復し、今後のダメージを防ぐことができます。
正しいケアを続けることで、ツヤツヤの美しい髪を取り戻す道は決して遠くないのです。

傷んだ髪を修復するためにはトリートメントの適切な使用と、日常的な予防対策が欠かせません。
シャンプーやトリートメントの手順を正しく守り、ダメージを受ける前に予防策を実践することで、美しい髪を維持することが可能です。是非、この記事のポイントを実践してこれらの方法を取り入れて、ヘアケアを行ってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容師歴20年以上の知識をまとめました。
少しでも役立ってくれると嬉しいです。
所沢で現在も営業しています。埼玉、東京を中心に訪問美容もしています。
施設様は、お電話ください。

コメント

コメントする

目次