パンテーン|瞬間うるおい補給 トリートメントウォーター (ミストタイプ)美容師が実体験と徹底評価!

※本ページはプロモーションが含まれています

こんな方におすすめ

・スプレータイプなので使いやすさが抜群

・強すぎない甘い花と果実の香り

美容師が使って本気レビュート

パンテーン|瞬間うるおい補給 トリートメントウォーター (ミストタイプ)

成分・効果

香り・匂い

価格・満足度

成分・効果
7
香り・匂い
8
価格
3
満足度
6
目次

パンテーン|瞬間うるおい補給 トリートメントウォーター (ミストタイプ)の特徴

ダメージブロッカー配合のプロビタミン処方

このトリートメントウォーターには、ダメージブロッカーとプロビタミンが配合されています。これにより、髪の内部に素早く浸透し、乾燥ダメージをしっかり補修します。髪の潤いを保ち、健康的な状態を維持する効果があります。

保護効果

ドライヤーやヘアアイロンの熱、そして紫外線によるダメージから髪を守ります。特に、乾燥、パサつき、広がりといったトラブルを防ぐための効果があります。毎日のスタイリング前に使用することで、髪を健やかに保ちます。

使い心地

ウォータータイプでさらりとした使用感です。髪にべたつきを残さず、軽やかな仕上がりを実現します。毎日の使用でも髪が重たくならず、自然なツヤと柔らかさをキープします。

香り

香りも魅力の一つです。ふんわりと甘い花々の香りに、爽やかな果実の香りが散りばめられています。この香りが一日中続き、気分をリフレッシュさせてくれます。

水、フェノキシエタノール、エチレンジアミンジコハク酸3Na、アモジメチコン、PEG-40水添ヒマシ油、ベンジルアルコール、ポリクオタニウムー11、クエン酸、香料、エチルヘキシルグリセリン、トリデセスー12、セトリモニウムクロリド、パンテノール、パンテニルエチル、カプリリルグリコール

パンテーン|瞬間うるおい補給 トリートメントウォーター (ミストタイプ)の最安値は?amazon・楽天・公式の値段

200ml

200ml×3

口コミ・評判

美容師が  の使用感レビュー

直毛の人には効果ありそう

スプレーで使いやすい

香りが強くないので好きな人は良いかも

ネットでの口コミ

良い口コミ

普通のトリートメントよりスプレーのほーがさらさらな気がする!!

Amazon

何年もずっと愛用してます。
最近、リニューアルしたのか、この商品がドラッグストアで見つけられず、
こちらで見つけられて良かったです。
到着も早く助かりました。

Amazon

髪質が良くなった気がします。
何度もリピートしてます!

Amazon

悪い口コミ

全くまとまらない。余計にバサバサ
クリームタイプにすれば良かった

Amazon

量販店で30%オフになっていたので買ってみました。
ほかの方の口コミにもありますが、キシキシ、パサパサになります。
特に乾いた髪に使うともう修復不可能なぐらいキシキシになります。
試してみた結果、シャンプー後の濡れ髪に少し使用して、ヘアオイルを重ねるとなんとか使えそうでした。
残念ながら継続使用は難しそうです。

@cosme

これは失敗した!とゆう感じ。

他の方のクチコミも低評価ですが、ほんと先にチェックすれば良かったな。
何となく買ってしまったのが失敗でしたね。

朝の寝癖直しとして使いたかったのですが、、、
「ぷるんとまとまる」どころかこちらを使うと髪がギシつきます。

髪が固まる感じもあって、ゴワゴワして指通りも悪くなるし。

これは使えないわ、、、となりました。

捨ててもいいのですが、その前にどうにか使えないものかとも考えまして。
アウトバストリートメントとして、軽くタオルドライした後こちらをスプレーして、その後ヘアオイルを馴染ませる。
その後ドライヤーで乾かすのですが、この使い方だとオイルとの合わせ技で髪がギシつく事もなく、まだなんとか使えそうな感じです。

でも使い続けるのは無理かな。
残念でした。 

@cosme

まとめ

このトリートメントウォーターは、ダメージ補修と保護、さらには心地よい香りを提供します。毎日のスタイリング前に使用することで、髪を健やかに保ちながら、乾燥やパサつき、広がりを防ぐことができます。べたつかないさらりとした使い心地と魅力的な香りで、使うたびに髪が生き生きとするのを感じられるでしょう。

200ml

200ml×3

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容師歴20年以上の知識をまとめました。
少しでも役立ってくれると嬉しいです。
所沢で現在も営業しています。埼玉、東京を中心に訪問美容もしています。
施設様は、お電話ください。

コメント

コメントする

目次