美容師の日常:仕事の内容とやりがい、美容師になって良かった事

※本ページはプロモーションが含まれています

今回は美容師さんのお仕事について、詳しくお伝えしますね。美容師って、髪を切るだけじゃなくて、いろんな技術とアイデアが必要なんですよ。それでは、美容師さんの仕事を探りながら、その奥深い世界に迫っていきましょう!

この記事で分かる事

・ 美容師の仕事内容

・ 美容師になって良かった事

目次

美容師ってどんなお仕事をしているの?

美容師は、髪のカットやカラー、パーマなどをするお仕事です。ただし、それだけではありません。お客さんとのおしゃべりや相談、ヘアスタイルの提案、さらにはネイルやメイク、まつ毛エクステンションまで、トータルでおしゃれを提供しているんです。

また、arms hairでは介護美容もしており、トータルビューティーサロンになっています。

アシスタント

美容師の道を歩み始めると、最初はアシスタントとして修行を積むことが一般的です。アシスタントのお仕事は、スタイリストのサポートやお店の雑務を担当します。具体的には、シャンプー、お客様の接客、お店の掃除、タオルの洗濯などが含まれます。シャンプーは1日に何十人ものお客様を担当することがあるため、手荒れが進むこともあるそうです。アシスタント時代は技術を身につけるために営業時間外に練習を積むことが一般的。アシスタント時代の拘束時間は長く、お給料もまだまだ恵まれないことがありますが、美容師になるための厳しい時期なのです。

スタイリスト

カウンセリング

スタイリストになると、お客様が来店したらまずはカウンセリングが始まります。新規のお客様の場合は特に、カウンセリングがとても重要になってきます。髪型の要望だけでなく、お客様の日常生活やライフスタイルを知ることが大切です。

施術(カット、パーマ、カラーリング)

カットは、髪質やくせを考慮しながら、バランスやまとまりを重視して行います。パーマには、ウェーブやストレートなど、さまざまな種類があり、これらの技術が美容師の腕の見せ所とも言えます。カラーリングでは、お客様のライフスタイルや希望に合わせたカラーを提案します。カウンセリングで得た情報が大いに役立つ瞬間です。

アフターケア

施術後のアフターケアも美容師の大切な仕事の一つです。お客様には、家でのスタイリング方法のアドバイスや次回の来店時期の目安、次回のスタイル提案を行います。また、ヘアケア商品の購入を促すこともあり、お客様の髪やスタイルを長く美しく保つお手伝いをします。

ヘア以外の施術

「トータルビューティー」を追求する美容室では、メイクやネイルの施術も行うことがあります。これらの分野も習得が必要で、講習会や独自のトレーニングで技術を高めます。また、成人式や結婚式の際には、着付けの技術も求められることがあります。

技術を習得したら終わりではなく、アシスタントの教育や指導も美容師にとって重要な仕事です。アシスタントたちの成長を見守り、技術や接客力を共有することが、美容師としての使命でもあります。

雑誌の撮影、ヘアメイク

有名な美容室に所属している美容師は、ヘアカタログやファッション雑誌の撮影でヘアメイクを担当することがあります。編集者の要望に合ったモデルを見つけることも美容師の仕事の一環。こうした撮影では、クリエイティブな一面を発揮し、アートとしてのヘアスタイルを表現することが求められます。

美容師のお仕事はただ髪をきれいにするだけではなく、お客様とのコミュニケーションや感性を大切にしながら、一人ひとりに合ったスタイルを提案することが求められます。美容師の世界は奥深く、多岐にわたる技術やスキルが必要とされていますが、その分やりがいも大きいのです。

美容室の裏側

美容室の裏側には、お客様が見ない美容室のバックステージがあります。アシスタントとして修業を積む間、技術や接客力を高めるために、閉店後や休憩時間に練習を重ねることが一般的です。スタイリストたちはこうした時間を大切にし、自分のスキルを向上させていくのです。

お客様との信頼関係

美容師さんはお客様との信頼関係を築くことがとても大切です。お客様の要望やライフスタイルを理解し、それに合わせた提案や施術を行うことで、お客様が安心して通い続けることができます。美容師さん自身もお客様との関係を大切にし、コミュニケーションスキルを磨くことが重要です。

美容師になって良かった事

お客様に喜んでもらえる

美容師さんは、髪を切ったり、カラーをしたりすることで、お客様がとっても喜んでくれるんです。それが美容師さんの一番のやりがいなんですよ!

アイデアや技術を活かす

美容師さんは、お客様の希望やオーダーに応えるために、自分のアイデアや技術を駆使してくれるんだよ。難しいオーダーにもチャレンジして、おしゃれで素敵な仕上がりをつくりだすことで、達成感を感じることができるんだ。

自分の成長を感じる

美容師さんは、技術をどんどん上達させることができるんだ。お客様からの感謝の言葉や、自分が立てた目標を達成することで、成長を実感することができるんだよ。がんばって技術を磨いて、おしゃれで丁寧な接客をすると、お客様が「この人に頼みたい!」と思ってくれることがあるんだ。それが増えると、ますますやる気がでて、自信もつくよ!

給与が上がる

美容師さんは、がんばり次第で給与が上がることがあるんだ。お客様からの指名や、自分の頑張りが給与に反映されるので、がんばればがんばるほど、お給料もアップすることができるんだよ。

夢が叶うこと

美容師さんは、将来自分のお店を持ちたいとか、オーナー美容師になりたいって夢をもっている人がいっぱいなんだ。経験を積んで実力をつければ、自分のお店を持つことも夢じゃないんだよ。

美容師として働く中で、技術の向上だけでなく、お店の発展やお客様の笑顔を見ることが喜びとなります。アシスタントを指導し、後輩の成長を見守ることも美容師の重要な仕事。美容師としての経験を通して、自分のスタイルやアイデンティティを見つけ、尊重されることが成長につながります。

まとめ

美容師のお仕事は、ただ髪をきれいにするだけでなく、お客様との交流やクリエイティブな活動が含まれています。アシスタント時代の厳しい修業もあるけれど、それを乗り越えることで、自分の夢を叶えるための一歩となります。

美容師になりたいと思ったら、どんなに大変でも諦めずに頑張ってね。自分の夢や情熱を大切にし、お客様に美と笑顔を提供する素敵な仕事が待っています。将来美容師さんになりたいと思っている人は、がんばって夢をかなえてみて下さいね!

では、また次の記事で!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容師歴20年以上の知識をまとめました。
少しでも役立ってくれると嬉しいです。
所沢で現在も営業しています。埼玉、東京を中心に訪問美容もしています。
施設様は、お電話ください。

コメント

コメントする

目次