妊娠中にヘアカラーをして後悔した?妊娠中にヘアカラーをしても大丈夫?

※本ページはプロモーションが含まれています

妊娠中にヘアカラーをすることについて、安全な方法や注意点を詳しくご紹介します。先輩ママたちの体験談から学んだ情報をお伝えします。
妊娠中は新しい生命を育む特別な時期です。そのため、普段の生活に変更を加えることが必要な場合があります。例えば、ヘアカラーは安全でしょうか?この記事では、妊娠中のヘアカラーについての安全性と注意点について説明します。

この記事で分かる事

・妊娠中のヘアカラーの安全性と胎児への影響

・妊娠中にヘアカラーで後悔したこと

・美容院でのヘアカラーでの注意点

目次

ヘアカラーの安全性

一般的に、妊娠中のヘアカラーは控えるべきです。なぜなら、ヘアカラー剤には髪を染めるために使用される化学物質が含まれており、これらの物質は皮膚から吸収される可能性があるからです。

経皮吸収とは、皮膚を通じて物質が体内に吸収されるます。医療や美容の分野では、これを活用した治療法が存在します。例えば、湿布や禁煙パッチなどが経皮吸収を利用しています。

しかし、ヘアカラー剤に含まれる成分は、特に妊娠中には慎重になる必要があります。一般的に、ヘアカラー剤には「ジアミン」と呼ばれる物質が含まれており、これは劇物に指定されている成分です。また、アンモニアなどのアルカリ剤も含まれています。これらの成分は妊娠中に避けるべき有害な物質とされています。

カラー剤の選択

  • ヘアカラーの頻度は3~4ヶ月に1回程度に抑えましょう。頻繁なカラーリングは避けましょう。
  • 妊娠中はジアミン配合のカラー剤を避けることが重要です。ジアミンは刺激性が高く、肌荒れの原因となることがあるため、刺激の少ないカラー剤を選びましょう。

美容院でのヘアカラー

市販のカラー剤は薬剤が強力で、肌荒れのリスクが高まります。美容院でのヘアカラーが安全で、美容師が肌状態を考慮して施術してくれるため、肌トラブルの心配が少ないです。

胎児への影響

妊婦の体内に吸収された化学物質は、胎盤を通じて胎児に影響を及ぼす可能性があります。胎盤は母体と胎児の間にある重要なバリアで、有害な物質が通過しないように働きます。しかし、このフィルターも完璧ではなく、小さな化学物質が通過することがあります。

そのため、妊娠中にヘアカラーを行うと、ヘアカラー剤の成分が皮膚を通じて吸収され、血液中に入り、胎盤を通じて胎児に影響を及ぼす可能性があるのです。

妊娠中にヘアカラーで後悔したこと

妊娠9ヶ月にもなるとお腹が大きく、長時間座っていることは辛いことがあります。美容院での施術は数時間にわたることもあるため、お腹の張りや不快感を感じる可能性があります。

妊娠中はトイレに行きたいタイミングが予測しにくく、美容院での施術中に我慢することが難しいことがあります。このため、髪型が思うようにならず、後で後悔することもありました。

美容院内の冷房が強く効いていたため、寒さに耐えることが難しかったです。妊娠中は体温調節が難しいため、適切な服装や対策が必要でした。

美容院でのヘアカラーで気を付ける点

STEP
つわりがおさまってから行く

つわりの時期は美容院の香りがしんどく感じられることがあるため、つわりがおさまってから美容院に行くことを検討しましょう。

STEP
妊娠中であることを伝える

美容師には妊娠中であることを伝えましょう。美容師は妊娠中のお客様のために体調に気を配ります。

STEP
カラーパッチテスト

カラーパッチテストは、妊娠中でもアレルギー反応をチェックするために行われることがあります。美容師に相談し、必要に応じてテストを受けることを検討しましょう。

STEP
通気性のある場所で施術を受ける

美容院の施術室が十分な通気性があることを確認しましょう。新鮮な空気が流れることで、妊娠中の体にとって快適な環境を作ることができます。

STEP
寒さ対策

美容院内は冷房が効いていることが多いので、寒さに備えて薄手のカーディガンやケープを持参しましょう。

STEP
トイレの位置

妊娠中は頻繁にトイレに行くことがあるため、可能な限りトイレから近い席を選びましょう。

施術中にトイレに行きたくなることがあるため、我慢しないで美容師に伝えましょう。

STEP
楽な姿勢

美容院の設備を確認し、座る位置や姿勢を調整してもらい、リラックスした状態で施術を受けましょう。

STEP
カラー剤を気を付けてもらう

美容師には頭皮にカラー剤が触れないように気を付けてもらうようにお願いしましょう。頭皮の敏感さを考慮して施術してもらうことが大切です。

妊娠中のヘアカラーは安全とされていますが、頭皮が敏感になることがあるため、注意が必要です。根本にカラーを塗らない、保護剤を使用する、薬剤をしっかり除去するなど、安全な方法で施術を受けましょう。

STEP
施術時間を短縮する

施術時間が長すぎると、長時間の座りっぱなしやストレスがかかることがあります。施術時間を短縮する方法を美容師と相談し、快適な状態で施術を受けましょう。

STEP
美容師とコミュニケーションをとる

美容師は専門家です。妊娠中の体調や髪質に合った施術方法やカラー選択について、美容師の意見を尊重しましょう。

妊婦さんにとって気を遣ってくれる美容師を指名することもできます。また、女性の美容師が対応しやすいこともあります。

STEP
ケア用品を持参する

妊娠中は肌が敏感になることがあるため、カラー後のケア用品を持参しておくと安心です。美容院で使用するケア用品についても事前に確認しましょう。

STEP
妊娠12週未満やつわりのひどい時期はカラーを控える

妊娠12週未満やつわりがひどい時期は、カラーを控えましょう。この期間は流産のリスクが高まるため、安静に過ごすことが大切です。

STEP
最後のカラーは遅くても臨月になる直前に

臨月に入ると赤ちゃんがいつ生まれてもおかしくなる状態です。体重も増え、体調が不安定になるため、最後のヘアカラーは臨月前に終えておきましょう。

STEP
心配な方は同行者を連れて行く

不安がある場合、旦那さんやお母さんなど同行者を美容院に連れて行くと安心です。予約時に美容院に事前に連絡しておくと良いでしょう。

市販のカラー剤でのセルフカラーは避けるべきです。これらのカラー剤は刺激が強く、失敗しやすいため、髪や頭皮にダメージを与える可能性が高まります。

妊娠中のヘアカラーは安全で、おしゃれを楽しむ方法として多くのママたちに選ばれています。しかし、個人差があるため、自身の体調や皮膚の状態に合わせて慎重に選択し、美容師とのコミュニケーションを大切にすることが重要です。安全に楽しみながら、妊娠中の美しさをキープしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容師歴20年以上の知識をまとめました。
少しでも役立ってくれると嬉しいです。
所沢で現在も営業しています。埼玉、東京を中心に訪問美容もしています。
施設様は、お電話ください。

コメント

コメントする

目次