ブリーチをしたら切れ毛がやばい!薄毛になっちゃうの!?

※本ページはプロモーションが含まれています

ブリーチした後の数日後、毛先がブチブチ切れたり、手触りが悪くなってる事ってありませんか?
流行のハイトーンカラーは、魅力的で個性的な髪の色で楽しむスタイルです。 ですが、そのためにブリーチを繰り返す事になります。その為、髪にとって大きなダメージを受けてしまいます。

今回は、 なぜ髪が切れて傷んでしまうのか、またどうすればいいのかを解説していきます。 これ以上髪が痛まないようにしっかり覚えていきましょう。

この記事で分かる事

・ブリーチ毛を良くする3つの事

・傷んだ髪を綺麗に見せる方法

・薄毛のリスクは?

目次

ブリーチ毛

High angle back view of charismatic blond woman in warm white knitted sweater smiling over shoulder at camera, while sitting alone and embracing knees on ocean sand beach in autumn

ブリーチは髪のキューティクル(外皮)を損傷させますさらに、繰り返しのブリーチは髪内部のタンパク質を流させ、髪を切断または溶解させる可能性があります。

残念ながら、一度ダメージを受けた髪は元に戻ることはありません。

ブリーチに使用される薬剤は、頭皮にも影響を考えます。
頭皮が赤くなったり、かゆみやかぶれが発生した場合は、注意が必要です。アレルギーなどの可能性があります。
強い刺激を感じる場合は、ハイトーンカラーをする前に検討をしましょう。

痛みを良くする方法

Hairdresser holds scissors and comb in his hand and cuts the ends of hair. Beauty salon services concept

ブリーチ毛のケアは、髪の健康と美しさを保つ上で非常に重要です。 しかし、ブリーチでダメージを受けた髪は完全に元通りに戻すことは難しいのが現実です。
ブリーチ毛のケアは、髪に栄養を考えるようなものです。そのためには定期的なケアが必要です。

カット

ブリーチ毛のケアに関して、最も重要なのはカットです。 ダメージのある髪の毛先は切る事が必要です。
ダメージを受けた毛先を残したままではトリートメントの効果が薄く、さらに髪が傷み続けてしまうからです。傷んだ毛先を切ることで、髪は厚みを持ち、美しい見た目になります。

トリートメント

ブリーチ毛のケアにおいて、トリートメントも欠かせません。
サロンで受けるトリートメントはホームケアとは異なり、補修効果が抜群です。ただし、トリートメントを行う前にダメージ部分の毛先をカットすることが必要です。
トリートメントは栄養を考えて役割を果たしますが、ダメージのある毛先をそのままにしておくと、栄養が浸透しにくくなります。 トリートメントの選び方についても、ブリーチ毛に特化した製品を選ぶことが大切です。

ブラッシング

髪の健康を守るためには、ブラッシングも重要な役割を果たします。
髪が切れる瞬間は、毛ぐしやブラシをとかす瞬間に物理的な力がかかる瞬間です。髪の毛が絡む時、ブラッシング中にプチっと行ったりした場合、それは髪がダメージを受けているのです。
特にブリーチ毛は絡みやすいため、専用のブラシでブラッシングを行うおすすめです。

まとめ

ブリーチ毛のケアに関して、カットとトリートメントが大切な要素です。
切れ毛や抜け毛をそのままにしておくことは避けた方が良いです。 シャンプー後に髪が絡むようなら、それは危険信号です。ダメージを極力抑え、美しい髪を維持するために、正しいケアを行いましょう。
また、ブラッシングの習慣を体に定着させ、髪の健康を切れ毛や抜け毛に対する正しい対処法を知り、髪を長く美しく守るために努力しましょう。

毛先の痛みを綺麗に見せる方法

Hair iron straightening beauty treatment care salon spa.

手先が傷んでしまうと、手触りが悪くなり、髪が広がってしまいます。
綺麗に見せる方法としては、アイロンしかありません。ですが、安いアイロンを使うと、温度が壊れて実際の温度よりも高温になることがあります。これは髪にとって大きなリスクです。
高温で髪を扱うことは、瞬間的にダメージを与える原因になります予め、アイロンは品質の高いものを選び、保証がしっかりしている正規の販売店で購入しましょう。

家庭用のアイロンは、通常約180℃の高温で髪を整えるために使います。
この温度は、揚げ物を調理する際の油の温度とほぼ同じです。ダメージは相当なものです。

そこで、アイロンを選ぶ際には、髪に優しいケア効果の高いモデルを選ぶことが大切です。
アイロンのプレートに特殊な加工が施されていて、低温でもしっかりと髪を整えられるモデルも存在します。特に頻繁にアイロンを使う方は、高品質で温度センサーの正確なアイロンを選ぶことをおすすめします。

薄毛のリスク?

ブリーチを続けることで、髪だけでなく頭皮にも負担がかかります。
ブリーチの回数を減らし、髪への負担を軽減しましょう。ヘアカラーやトリートメントでブリーチを代替する方法も検討してみてください。 そのままブリーチを続けると、頭皮も傷み、髪が薄くなる可能性はあります。

ブリーチによる薄毛の原因としては、頭皮への負担や髪の乾燥、切れ毛が影響していると考えられます。ブリーチを行う際には、適切なケアと頭皮への配慮が必要です。回数を制限し、髪と頭皮に優しい製品を使用することで、薄毛のリスクを軽減できます。

まとめ

ブリーチ後の髪の切れ毛を改善するためには、カットとトリートメント、ブラッシング、外部からの栄養補給が重要です。髪は再生能力がないため、ダメージを最小限に抑える努力が必要です。


ブリーチ後の髪のダメージは完全に回復することは難しいですが、セルフケアとプロのケアを行うことで、髪のダメージを軽減させる事は可能です。
ブリーチの際は慎重に行動し、髪をいたわりながら、ハイトーンカラーを楽しんでください。髪は健康的な状態で美しく、スタイルを守るのが大切です。

では、また次の記事で!


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容師歴20年以上の知識をまとめました。
少しでも役立ってくれると嬉しいです。
所沢で現在も営業しています。埼玉、東京を中心に訪問美容もしています。
施設様は、お電話ください。

コメント

コメントする

目次