ヨーグルトを食べると髪の毛が伸びる?薄毛予防と、育毛効果!?

※本ページはプロモーションが含まれています

髪の薄毛や抜け毛でお悩みの方々に、日々の食生活において低脂肪乳製品を摂取することをおすすめします。低脂肪乳製品といえば、ヨーグルトがポピュラーですが、このヨーグルトには髪の健康に大切な栄養素が豊富に含まれており、髪に良い食べ物としてトップ10にランクインするほどです。

この記事で分かる事

・ヨーグルトとは?

・髪に良いヨーグルトの種類

・ヨーグルトの食べ方

・髪の健康に与える影響と予防法

目次

整腸作用によって栄養が髪に届く

ヨーグルトなどの乳製品は腸内環境を改善し、消化吸収を助ける働きがあります。ビフィズス菌や乳酸菌が腸内で善玉菌を増やし、悪玉菌を抑え、免疫細胞を活性化させ便秘や下痢を改善します。善玉菌の増加は体の免疫力を高め、全身の血行も改善し、これが発毛と育毛に大きな効果をもたらします。髪には栄養分が不可欠であるため、ヨーグルトの整腸作用が非常に重要です。

実は、男女を問わず抜け毛や薄毛の原因の一つが、「腸内環境」と「お通じ」の乱れに関連しています。

髪の健康に必要な栄養素を摂ることは重要ですが、腸内環境が乱れると、栄養の吸収が効率的でなくなります。また、便秘が続くと、有害物質が再吸収されてしまい、血液中の毒素濃度が上昇し、血行が悪化します。これによって髪の毛に必要な栄養が届きにくくなり、髪は弱くなり、抜け毛の増加や薄毛の進行につながります。

IGF-1成長因子の働き

ヨーグルトを摂ることで、発毛の成長因子であるIGF-1が生成されやすくなり、髪の成長が促進されます。この成長因子は、ヨーグルトを摂取することで胃腸の知覚神経を刺激し、IGF-1の量が増加するとされています。その結果、健康な髪の成長がサポートされます。

また、育毛や薄毛防止にとって重要なのが成長因子IGF-1です。IGF-1は体内の組織や血液に存在し、髪の成長を促進する成長因子とされています。ヨーグルトに含まれるアミノ酸やビタミンなどの栄養素が胃腸に到達すると、知覚神経を刺激してIGF-1を生成し、その濃度が上昇します。IGF-1は血液を通じて毛乳頭に運ばれ、育毛を促進する仕組みです。

髪に良いヨーグルトの種類

Greek yogurt in a wooden bowl with spoons on wooden background

ヨーグルトの種類について。育毛や薄毛の改善に効果的なヨーグルトの種類を紹介します。

無糖や低糖質ヨーグルト

糖質が含まれない無糖のヨーグルトや低糖質のヨーグルトは育毛や薄毛予防に非常におすすめです。加糖のヨーグルトを摂りすぎると、糖質過剰が肥満の原因となり、血液の循環を悪化させ、栄養分が毛乳頭に届かなくなるリスクがあるためです。

乳酸菌が生きたまま腸に届くヨーグルト

乳酸菌が生きたまま腸に届く”と宣伝されているヨーグルトは、育毛や薄毛予防に非常に適しています。生きている乳酸菌を腸まで届ける能力が重要で、森永乳業の「ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト」や明治の「明治ブルガリアヨーグルトLB81プレーン」がおすすめです。

乳酸菌H61ヨーグルト

乳酸菌H61はアンチエイジング効果があり、肌の水分量を増やして頭皮環境の改善に貢献します。乳酸菌H61を摂取するサプリメントも存在し、ヨーグルトを食べる時間が制約される場合にはサプリを検討することもできます。

ギリシャヨーグルト

「ギリシャヨーグルト」は、育毛と髪の健康の観点から推奨される乳製品です。ギリシャヨーグルトには、頭皮の血流を促進し、発毛をサポートする成分であるビタミンB5の一種である「パントテン酸」が豊富に含まれています。

パントテン酸は、薄毛や抜け毛の予防に役立ちます。さらに、パントテン酸にはストレスを軽減し、頭皮の過剰な皮脂分泌を防ぐ作用もあります。過剰な皮脂分泌は頭皮環境を悪化させ、薄毛や抜け毛の原因となります。パントテン酸は抗ストレスホルモンの分泌を促進し、ストレスによる頭皮の過剰な皮脂分泌を防ぐので、育毛に良い効果をもたらします。

低脂肪乳製品「ヨーグルト」

低脂肪乳製品には、髪の健康に有益な栄養素が豊富に含まれています。特にヨーグルトなどの乳製品は、腸内環境を改善し、体の健康を手助けします。髪の成長は、まず人間の体が健康な状態であることが前提となり、栄養供給がその最終段階になります。そのため、育毛や発毛を希望するなら、まず体全体の健康を考えることが重要です。腸内環境の健康は特に大切で、髪の健康に重要な役割を果たします。

ヨーグルトの食べ方

ただヨーグルトを食べるだけでなく、正しい摂取方法も重要です。

お腹が空いてる時に食べない

乳酸菌は胃酸や胆汁などの影響で死滅しやすい菌であるため、空腹時にヨーグルトを食べると、胃酸の影響で乳酸菌が腸まで到達せずに死滅してしまうことがあります。そのため、食事の後や何か食べ物が胃に入っている状態でヨーグルトを摂ると、効果が高まります。

無糖、低糖質タイプを選ぶ

糖質を多く含むヨーグルトは、コラーゲンを糖化させ、髪のコシやツヤにかかわる影響を弱めてしまう可能性があります。さらに、糖質が脂肪細胞に吸収されると皮脂分泌が増加し、毛穴が詰まることで栄養が髪に届きにくくなります。無糖または低糖質のヨーグルトを選ぶことがおすすめです。

1回に100~150g

ヨーグルトは1日に約100~150gを摂取するのが目安です。通常、大きな容器のヨーグルトは約400g入っていますので、これを4日分と考えるとわかりやすいでしょう。小さなヨーグルトは1つあたり何グラム入っているか確認してから摂取してください。

2週間同じヨーグルトを食べる

ヨーグルトの乳酸菌は個人によって相性が異なるため、育毛や薄毛予防に有効な成分を含んだヨーグルトを1つ選び、2週間間断なく毎日摂取してみてください。2週間で効果が感じられる場合は継続して食べ、効果を感じない場合は他のヨーグルトを試してみることをお勧めします。

髪の健康に与える影響と予防法

Glass jars of yogurt with spoons on blue background
Part
乳製品の効果と摂取する注意点

乳製品は栄養に富んでいますが、摂りすぎや過度な偏りは髪に逆効果となることがあります。例えば、牛肉や動物性脂肪の摂りすぎは毛細血管を詰まらせ、髪の成長に必要な酸素や栄養が届かなくなり、脱毛を増加させたり、髪に悪影響を及ぼすことがあります。

特に、日本人の中には牛乳を消化するための酵素である「ラクターゼ」が不足していると言われており、乳製品の摂取を減らすことで消化機能が向上し、むくみの解消にもつながります。また、牛乳に多く含まれるホルモンと人間のホルモンが混ざり合うことで急激な気分の変化を引き起こすこともあるとされています。

さらに、乳製品を減らすことで頭皮の肌の状態が改善される可能性が高く、頭皮のニキビの発生や皮脂生成の増加を抑制できるかもしれません。頭皮の状態が改善すると、肌の感触も向上し、頭皮にニキビができる方にとっても有益です。

Part
髪の栄養素

髪の主要成分の大部分はたんぱく質であり、ケラチンが最も多く、髪のハリ、コシ、艶、強度に影響を与えます。その他に、メラニン、水分、脂質も髪の構成要素です。したがって、たんぱく質は髪の成長に重要です。

Part
ストレス

ストレスは自律神経に影響を与え、交感神経が過剰に活動することで血行不全を引き起こす可能性があります。この血行不全は髪にも大きな影響を及ぼし、髪の栄養供給が阻害されます。特にストレスによる抜け毛は、数ヶ月後に顕著に現れることが多く、日常的なストレスが蓄積されています。

Part
動物性脂肪

動物性脂肪の摂りすぎは薄毛の原因となる可能性があります。薄毛の主要な原因の一つは栄養の不足であり、特に頭頂部の栄養供給が不足しやすいため、過剰な動物性脂肪の摂取は血流不全を引き起こし、薄毛を促進します。そのため、植物性たんぱく質を増やすことが重要です。

亜鉛とビタミンも髪の成長に重要な栄養素であり、亜鉛は牡蠣、スルメ、ココア、抹茶、ごま、カニなどに多く含まれます。ビタミンB2とB6は、細胞の代謝を促進し、毛母細胞の分裂をサポートし、頭皮の皮脂をコントロールする役割も担っています。

Part
脂漏性脱毛

脂漏性皮膚炎は皮脂の過剰分泌により起こる脱毛症で、乳製品の過剰摂取によって引き起こされることもあります。この状態では皮脂が毛穴を詰まらせ、抜け毛が増加し、ニキビやかゆみが発生することがあります。

Part
薄毛の原因になりやすい食べ物

薄毛を予防するためには、和食を重視し、食べ過ぎには注意が必要です。また、飲酒の過剰摂取や糖分の多いお菓子、ファストフード、カフェインの摂取にも注意が必要です。

Part
日常生活の注意点

髪の健康を維持するためには、外部のケアだけでなく、内部からのアプローチも大切です。十分な睡眠をとり、ストレスを軽減することはホルモンバランスの正常化に役立ちます。また、軽い運動やストレッチを行ってリラックスし、ホルモンバランスをサポートしましょう。

腸内環境の健康を保つためには、バランスのとれた食事と水分摂取が不可欠です。食物繊維や発酵食品を摂り、腸内の善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えることができます。規則的な運動もお通じを改善するのに役立ちます。

腸内フローラ

腸内フローラを改善することは、育毛にとって極めて重要です。低脂肪乳製品には多くの栄養素が含まれており、その中でもカルシウムは髪の成長に不可欠なミネラルです。脱脂乳やヨーグルトなどの低脂肪製品には、多くのカルシウムが含まれています。しかし、カルシウムが過剰に摂取されると、脳の髪経組織の機能が低下し、髪の成長に悪影響を及ぼすことがあります。また、ストレスやイライラによって精神的な不調が生じると、育毛にも支障を来すことがあります。カルシウムにはストレス軽減効果もあり、育毛に欠かせない栄養素と言えます。

まとめ

髪の健康に影響を及ぼす要因は、外部だけでなく内部にも存在します。ホルモンバランスの乱れ、腸内環境の乱れ、お通じの問題が、抜け毛や薄毛の原因となることがあります。健康な髪のために、バランスの取れた生活習慣を心がけ、髪を美しく保ちましょう。

髪の健康は食事と密接に関連しており、乳製品の摂取量や質に気をつけることが重要です。健康な髪を保つために、バランスの取れた食事とストレス管理が不可欠です。髪が健康的で美しい状態を維持するために、食事と生活習慣の見直しを行いましょう。

髪の育毛や発毛に良いとされる低脂肪乳製品の中でも、特にヨーグルトがおすすめです。ヨーグルトは腸内環境の改善と、髪の育毛・発毛に寄与する成分であるカルシウムを提供します。また、ギリシャヨーグルトに含まれるパントテン酸は、ストレスの軽減や過剰な皮脂分泌の抑制に貢献し、薄毛や抜け毛の原因を減少させます。

ヨーグルトは髪の成長に良いと言われる理由は、腸内環境の改善やIGF-1の生成などに関連しています。ヨーグルトを正しい方法で摂取することで、その効果を最大限に引き出すことができます。抜け毛や薄毛の予防は食事療法も大切です。ヨーグルトは育毛だけでなく、肌の健康と全身の調子を整えるためにも非常に有効な食品です。ヨーグルトの成分や摂取方法に気を付け、日常の食生活に取り入れてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

美容師歴20年以上の知識をまとめました。
少しでも役立ってくれると嬉しいです。
所沢で現在も営業しています。埼玉、東京を中心に訪問美容もしています。
施設様は、お電話ください。

コメント

コメントする

目次